最低賃金引き上げの議論

0
    最低賃金引き上げの議論が、あちこちで行われているようです。かつて日本国民は一億総中流という意識を持っていました。しかしバブル崩壊後の日本経済回復の過程で日本国民の間に富める者と富めない者の格差が生じてしまいました。この格差を解消するのが目的なのでしょう。

    しかし最低賃金の引き上げを行った場合、経営基盤の弱い中小零細企業は大変なダメージを受けることになります。この問題に対しては該当企業に補助金などを交付することで解決することになるのでしょう。

    これで国民の間の格差も解消、中小零細企業の負担も軽く済み、すべての問題解決!!
    となればいいのですが、問題はそんなに単純ではありません。

    例えば年金だけで生計を維持している方はどうなるのでしょうか?基礎年金の支給額が、月額約65,000円。今の日本でこれだけの収入で生活していけますか?多分難しいでしょう。

    最近の色々な国の制度の変更で『痛み』を多く味わってきたのは高齢者の方々なのではありませんか?
    低金利による利子収入の減少
    マル優制度の廃止
    老年者控除の廃止
    公的年金等控除額の縮小
    医療費の自己負担額の引上げ
    今、思いついたものだけでこれだけあります。
    大変な『負担増』ではないでしょうか?

    高齢者の方は豊かだとよく言われますが、団塊の世代より前の世代の方々の富める者と富めない者の格差は大きいともいわれます。格差の解消も大切ですが、この方々が基礎年金だけで最低限の生活を送ることができるようにすることも必要ではないのでしょうか!

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:1429 最後に更新した日:2018/02/02

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM