平均○○

0
    医療保険を選択する際、「厚生労働省の患者調査で、退院患者の平均入院日数が40日を切っているのだから、一回の入院に支払われる入院給付金の限度日数は、60日有れば十分だ。」と考えている人がたくさんいると思います。確かにその通りだと思いますが、退院患者の入院期間の分布を見ていると6ヶ月以上の入院をしている人もわずかながらいますが大丈夫なのでしょうか?

    入院期間が平均で良いのであれば、保障期間も保険料の高い終身保障タイプでなく、保険料の安い定期保障タイプでも良いと思うのですが、いかがでしょうか?というのも日本人の平均寿命は、厚生労働省の平成17年簡易生命表によれば、男性が78.53歳、女性が85.49歳となっているからです。男性の場合、保障期間が80歳までの定期保障タイプ、女性の場合、保障期間が90歳までの定期保障タイプで十分じゃないですか?

    それでも保険料の高い終身保障タイプが売れています。つまり、多くの人が、入院は平均で収まるけれど、寿命は平均以上と考えているわけです。

    何か矛盾を感じるのですが…


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:1429 最後に更新した日:2018/02/02

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM